勉めて強くなる~未経験中年がトライアスリートを目指すblog~

愛媛県は松山市在住でスポーツほぼ未経験の30代中年男性が勢いにまかせてトライアスロンに挑戦しようとしているブログです。

2016年10月

皆さん、こんばんは。
10/30(日)のトレーニング日誌です。

先週は体調不良(10月度二度目・・・)により、トレーニングは全休して静養に努めました。熱は無いので仕事には行きましたが!(´・д・`)エラクネェ

DSC_0022

そんなこんなで、7日ぶりのバイクトレーニングは、砥部方面。

今回のゲストライダー(道連れとも言うw)は、兼ねてからライドをご一緒したかったA343氏。私の人生においても数少ない、リスペクトできるナイスな先輩です。砥部の衝上断層公園で待ち合わせて出立しました。

鍛練を兼ねて向かうのはサレガ峠。かつてスキー場があった時は、スノボー目当てに何回か通ったものですが、今回、自転車で向かうのは初めての体験でした。

DSC_0023

サレガ峠への登頂では本気のTTで一方的に千切られ自転車談議に花を咲かせつつ、15%以上にも及ぶ坂を必死こいて登りながら、サイクリスト特有の「俺ら何で朝っぱらから苦しい思いをしているんでしょうね(良い笑顔)」トークを繰り広げること40分余りで山頂に到着。

DSC_0025

下り際、かつての展望台跡地から松山方面を激写ボーイ。周防大島とかも見えたわよ。

しかし、この時期にもなると流石にダウンヒルは寒いですね。防寒着必須です。道中に教わった「ハーフフィンガーグローブの下に綿のグローブを重ねる術」は、近々導入させていただく所存。

下山後、氏とは広田方面でお別れ。せっかくなので私は「からり」方面を廻って帰ろうかと、ひたすら西を目指します・・・が、途中で気が変わって、高市経由で中山を目指すことにしたんですが・・・甘かった(汗

DSC_0027

写真は県道42号線山頂付近のトンネル入り口。超級を攻略した後に300mほどですが、まさか登らせられるとは思わず・・・トホホ

中山のコンビニでちょいと休憩した後は、犬寄峠を超えて帰宅。走行距離94.56km、上昇2012.3mと、久しぶりに距離も上りもこなす一日となりました。

ひとまず今回のライドでは、改めて課題として「体幹が弱い」ということが露呈したので、この辺は自転車に乗れないときにも積極的に鍛えていくことにしました。・・・筋トレ。地味で好きではないですが、頑張ります。

ということで、今回はココまで!
今週から仕事も多少落ち着くので、三本ローラーとスイムを復活させます・・・。

●ブログ村に参加しております。
差し支えなければ下記ボタンを押下して頂ければ幸いです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

皆さん、こんばんは。
本日のバイクトレーニング(ポタリング)および雑記です。

DSC_0016

早速ですが、先程のクイズの答えを。間違いの箇所とは「フロントスプロケのアウター」。「取り付け面の裏表が逆」です。

この状態でクランクを廻すと…。

DSC_0017

本来はクランク側にある「チェーン落ちのストッパー突起」に引っ掛かり、チェーンが外れますw

DSC_0223

因みに、正しい裏表はコチラ。フロントスプロケを外して掃除する場合、取り付け時の方向にご注意ください…。

閑話休題。

絶望の仕事ラッシュがようやく終了…。残業続きで、もう駄目かと思うことが今まで何度もありました(-_-;) 週の途中、1回だけ3本ローラーに乗れたくらいで、あとは帰宅して即就寝の日々…。

で、待望の休日。

早朝6時過ぎから知り合いと共に重信CR→酒樽村方面を流してきました。行きは強烈なアゲンストの風がお出迎え…。仕事もプライベートも試練の連続です(^_^;)

サイクリングロードを抜け、R11を越えたら酒樽村方面に向かう3%程度の緩やかな登りが続きます。このあたりで小康状態を保っていた天候も、まさしく雲行きが怪しくなりました…霧雨です。おぉ神よw

が、その後は何とか持ち堪えてくれたようで、折り返しのキャンプ場以降は曇りを維持してくれました。

時刻は8時過ぎ。帰りも同じ道を通ったのですが、かなりの数のローディーとすれ違いました。天候も微妙なのに、みんな良くやるなぁ…(´・д・`)オマエガイウナ

基本、私はサイクルジャージのローディーとすれ違う時には、先行して挨拶をしております。軽く会釈しながらおはようございます!とか、こんにちは!とか。

この日も例によって挨拶を交わしておりますと、前方から笑顔で手を振ってくれるローディーが。よくよく見てみると…青い人でした。赤い親子連れもいらっしゃったので、間違いないかと…。また機会があれば、しらす丼でもぜひw

帰宅後はバイクを洗車し、その中でフロントギアのアウター表裏付け間違いを起こした…というわけでございます。

DSC_0018

尚、洗車のタイミングにてリアの乙女スプロケ(最大30T)をノーマル(最大25T)に交換しました。

確かに過去の登板では、27Tや30Tがあれば楽な場面も多かったのですが、最近はそこまで使うことのほうが珍しくなりまして。ずーっと12%以上の坂を登るとかってこともなければ、25Tもあれば十分かと。あと、バイクを購入してから2年半余り、一度もスプロケを交換してなかったからってのもありますが。

ということで、非常に長くなりましたが、今回はココまで!
明日以降、できるだけ毎日乗っていきたい所存です…が、また鼻と喉が風邪でやられてます…。無理をしない範囲で頑張ります!!

●ブログ村に参加しております。
差し支えなければ下記ボタンを押下して頂ければ幸いです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

皆さん、こんにちは。
唐突ですが、クイズです!!

DSC_0016

写真は清掃中の愛車ですが、明らかに間違った箇所があります。それはどこだと思いますか?

正解はのちほど…。

●ブログ村に参加しております。
差し支えなければ下記ボタンを押下して頂ければ幸いです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

皆さん、こんばんは。
10/16(日)のトレーニング日誌です。

6時前に起床し、いそいそと準備をして向かうのは上林。天候が心配ですが、坊ちゃんスタジアム→重信CR経由で行くことにしました。

砥部に入ったあたりで雨もパラつく感じでしたが、雨具も持っていたし、何よりも今週は全然乗れてなくストレスフルだったので、引き返すこともなくそのまま進行。

上林小学校を抜け、上層を目指しました。幸い雨に降られることは無かったのですが、風が強くて非常にデンジャラスでした…。ディスクホイールなら間違いなく煽られて横転してましたね…履いたことないけど(>_<)

DSC_0008

…ということで、おそらく上林TTショートの終点である、白糸の滝800m手前に到着。

今まで3回位しか上林は登ったことなかったんですが、実はここに来たのは初めて。全部、流し素麺の方に登ってたんですね(^_^;)

しかしながら、ここのコースは対向車も殆どなく、走り良いしで言うこと無しですな。

因みに、本日のバイクトレーニングテーマは「パワートレーニング」です…。アウター縛りで漕ぎまくってやんよ(´・д・`)

登頂後は流す感じで横河原方面に向かいました。

そこで私が見たものは…。

DSC_0009

新しくなった横河原駅社屋の姿が!!個人的には以前のオンボロ(失礼)なのが風情があって好きだったんですが…。時代の流れってやつなんでしょうね。

その後に向かうのは旧11号経由で小野→食場の峠です。食場方面から登るのは何度か体験したのですが、こちら側からは初めて登りました。

距離としては2~3kmといったところでしょうか?感想を一言で申し上げますと…。

「斜度、きつすぎない?(>_<)」

序盤は良くある坂ってイメージでしたが、分水嶺にあたる旧ゴミ処理場の手前付近が激ヤバでしたわ…。

一応、足つき無しでアウターで登りきりましたが…それにしてもキツかった…。

で、伊台方面を廻って帰宅。約60kmを走破した次第です。

久しぶりの実走は、やはり気持ちが良いものですね。明日からも仕事が忙しいので、ローラーにも乗れなくてストレスが溜まりそうなのが残念ですわ(-_-;)

ということで、今回はココまで!

~帰宅後、現在~
膝回りが熱くなっております…。調子にのって酷使しすぎた(>_<)

●ブログ村に参加しております。
差し支えなければ下記ボタンを押下して頂ければ幸いです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

皆さん、こんばんは。
10/10(月)のトレーニング日誌です。

先日の予告通り、実走にてパワーバンド(一番効率がよいケイデンス帯)を探りに行きました。

本当は秋晴れの日中に走りたかったんですが、午前中に家の用事を諸々済ませた後、昼飯を食べて目を閉じたら夕方になっていました・・・。ちょっと横になって瞑想をしてただけなんですがねぇ(^-^;) 

時間も時間なので、ルートは祝谷→伊台→五明→北条バイパスというプチヒルクライムコース30km。 

走り始めて20分。 毎度おなじみの祝谷の坂(全長1.3km、約100mUP)に到着。「適正な回転数(70rpm)キープと心拍を上げすぎない」という偉大なる先輩からのアドバイスを胸に、登頂を開始します。

登頂開始から1分。ケイデンスは70rpmあたりをキープしていますが、心拍が早くもMAX!「ギアを落として多少なりとも回復を計る」という選択肢もありましたが、感覚的に足はいい感じで廻ってるので、ひとまずそのままで行くことにしました。(いきなり師の教えを反故にする駄目な生徒・・・)

速度は意識せず、細かいギアチェンジを重ねることで、とにかくケイデンス60~70rpmあたりでのキープを意識します。登りきって計測終了!!タイムは・・・4分49秒。過去の記録からみても、まずまずの結果でした。しかし、心拍がツライ・・・。ゼェゼェハァハァと息も絶え絶え。

その後は呼吸を整えながら、伊台から五明方面に上りました。こちらは全長3.4kmで約180mUPと、比較的傾斜の緩やかなコースです。こちらでもケイデンスキープを念頭に登っていきました。ログで確認すると区間の平均心拍は162bpmでケイデンスも60~70rpmあたりをウロウロだったので、奇しくも狙っていたゾーンでのトレーニングができたんではないかと思います。

DSC_0005
五明の登頂後に撮影。10月だと18時も過ぎると流石に真っ暗ですな。

で、五明から北条に抜けて、バイパスを流して帰りました。北条→松山方面でのトンネル2本&平田の坂は、全力でスプリントして体に刺激を与えてみました。おかげで疲労困憊です。

しかしながら、めっきり秋めいており、夕方のライドはちょっと肌寒い感じですね。特に超級のヒルクライムをされる皆様におかれましては、日中でもしっかり防寒具を持って臨まれることをお勧めします。

ということで、今回はココまで!今週も生き抜こう!!

●ブログ村に参加しております。
差し支えなければ下記ボタンを押下して頂ければ幸いです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 

↑このページのトップヘ